Site Overlay

決めるのは自分自身

[管理番号:889]
性別:女性
年齢:47歳
田澤先生こんにちは。
久しぶりにQ&Aで失礼いたします。今回は質問ではなく、私の今の気持ちを皆さんにも知っていただきたくお邪魔しました。
今日も診察ありがとうございました。先生に手術していただき、一ヶ月とちょっとになりますね。前病院の治療方針や態度に不信感もあり急遽転院、手術をお願いしたにも関わらず心良く引き受けて下さり本当に感謝しています。
先生に手術してもらった次の日の朝には上まで手が上がり本当に驚きました。
ドレンも使わないと言うこと、手が手術翌日には上まであがった事、傷口がとても綺麗な事、入院中には朝7時には必ず顔を出して傷口を消毒してくれた事、手術当日は看護師さんも連れず一人でポータブルエコーを持ってきてマーキングしてくれた事、沢山の事があたしも家族もとても、とても感動しました。
看護師さんに聞きましたら、先生は朝引き継ぎで忙しいだろう自分たちに声をかけずいつも一人で病室に行くと言っていました。
田澤先生はいつも朝が早いんです、とおっしゃっていました。
そんな先生をとても信頼していますので、これからの治療も私は頑張れます。
一回目の抗がん剤の副作用もあまりひどいものでなかったように思います。
ここで、私がQ&Aを見ている人に伝えたいのは主治医を決めるのも、信頼するのも決めるのは自分自身ではないでしょうか?という事です、
沢山の方が田澤先生の手術、治療をうけたいと思っているとおもいます。ただ、それが遠方すぎて叶わない人、本当に大丈夫か?と不安に思う人、色々だと思います。
それならまず、診察を受けて見て自分で決めてみる方が早いのでは?
私はまず田澤先生に直接会って診察してもらわないといけない!進めない!と行動しました。
私自身も一時間半近くかかり、家族にも負担かける事にもなったりしていますが、自分で選んだ主治医に通うのは全然苦痛ではありません。家族も同じ気持ちです。
今の私は全摘でリンパ郭清したとは思えないほど違和感も全くなく普通に過ごしています。
気持ちも元気で抗がん剤を頑張っています。
田澤先生、まだまだ先は長い治療ですがこれからもよろしくお願いします。
早朝から、日曜日まで時間を作ってQ&Aをしている事は良く知っています。これからも自分の身は自分で守る!と訴えて行ってください。私のようにならないように世の中の女性を助けていただきたいです。
土曜の一番始めの質問者に対して怒りより悲しくなりこんな内容を送ってしまいましたが公開するしないは先生の意思にお任せします。
本来、Q&Aはこんな場ではないのですがこのまま黙っていられずにすみませんでした。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 とてもありがたく読ませてもらいました。
 私自身、少なからずショックを受けたことに自分自身驚いています。(常識的に言えば、疑う人がいても何ら不思議ではありませんね?)
 ただ、実際に感謝してもらえると大変な力になります。
 是非、公開させてもらいます。
 これからも治療がんばりましょう。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
3+
Scroll Up