Site Overlay

検診でよく引っかかる

[管理番号:7510]
性別:女性
年齢:33歳
病名:線維腺腫
症状:しこり

20代の頃から毎年検診は必ず受けていますが、毎回、線維腺腫、嚢胞など左右ともに複数個指摘を受けます。

30代になり、検診で引っかかり既に2度針生検も受けました。
(結果は共に良性、授乳性腺腫、線維腺腫)

これはもう体質と捉えるしかなく、予防することはできないのでしょうか。

例えば低用量ピルを服用したら、しこりや張りが軽減するといったことはありますか?
また私のような場合には、超音波とマンモグラフィ常に2つセットで検診を受けるべきでしょうか?

画像診断で「おそらく…」と言われるよりも即針生検に回して確定診断しようとしてくださる技師さんと先生方にはもちろん感謝していますが、毎度毎度、針生検と言われると不安が募ります。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「これはもう体質と捉えるしかなく、予防することはできないのでしょうか。」
→できません。

「例えば低用量ピルを服用したら、しこりや張りが軽減するといったことはありますか?」
→逆(増える)かもしれません。(不明)

「また私のような場合には、超音波とマンモグラフィ常に2つセットで検診を受けるべきでしょうか?」
→年齢的に…

 エコーが中心です。(マンモは「たまに」程度)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up