Site Overlay

術前検査結果と病理検査結果

[管理番号:3469]
性別:女性
年齢:48歳
いつも勉強させていただいています。
質問よろしくお願いします。
2月の半ばに偶然乳輪を摘んだら単孔から茶褐色の分泌液が出てきました。
それまでも、わかってからも摘まない限り下着に着くこともありませんでした。
慌てて2年前にマンモグラフィーを撮った病院に行きマンモグラフィーを撮ってもらいましたがやはりはっきりは映りませんでした。
エコーでシコリがはっきり確認されて総合病院を紹介してもらいました。
術前検査 シコリの大きさ 2.3センチ リンパ節に転移は無し ホルモン受容体 強陽性 ガン細胞悪性度 2 HER-2陰性 Ki67が
28% ステージ2Aでした。
5月に右胸全摘手術、リンパ節に転移無かったので同時再建でティッシュエクスパンダーをいれました。
6月に病理検査結果がでました。
シコリは1つではなくまとまって何個かあると言われていました。
すべて同じ乳管内だったそうなので多発では無いと言われました。
シコリの大きさ 8ミリ リンパ節に転移無し ホルモン受容体陽性 ガン細胞
悪性度 2 HER2陰性 充実腺管ガン
Ki67は術前検査のマンモトームでしか調べてない。
この病院は一度しか調べませんと言われました。
ステージは?と聞いたらこの時点でステージは関係ないですと言われました。
ステージ2Aのままですか?
このサイトで先生がKi67はしっかり病変で見ないとと書いてありモヤモヤしてしまいました。
抗がん剤も覚悟して数パーセントでも生存率が上がるなら
受けようと思ってましたが主治医からホルモン治療でいいでしょうと言われました。
そう言われホッとした自分がいます。
でもやはりKi67が引っかかり不安になってしまいます。
同じ乳管内の癌なら同じ性質なのでしょうか?違うこともありますか?先生でしたら私のような結果でしたらどのような治療になるでしょうか?生存率と再発率も教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT1b(8mm), pN0, luminal
十分な早期癌です。
「ステージ2Aのままですか?」
⇒1期です。
「このサイトで先生がKi67はしっかり病変で見ないとと書いてあり」
⇒その通りです。
 病変全体での評価が正しいです。
「主治医からホルモン治療でいいでしょうと言われました。」
⇒8mmという浸潤径が影響しているようです。
「同じ乳管内の癌なら同じ性質なのでしょうか?違うこともありますか?」
⇒間違いなく「同じもの」です。(乳管内進展といいます)
「先生でしたら私のような結果でしたらどのような治療になるでしょうか?」
⇒私も「8mm」では、(例えKi67を測定して高値でも)ホルモン療法単独を勧めると思います。
 但し、患者さん自身が「化学療法に積極的」である場合には、「病変全体でのKi67が明らかに高値」や(もしもKi67が微妙ならOncotype DXをして)「ハイリスク以上なら」化学療法も「上乗せ」します。
「生存率と再発率も教えていただきたい」
⇒残念ながら…
 現在「繋がらない」状態です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up