Site Overlay

今後の化学療法について

[管理番号:3427]
性別:女性
年齢:51歳
田澤先生初めまして。
2月に乳がん告知されてから拝見して勉強させて頂いています。
今日は今後の化学療法についてご意見を伺いたく質問させて頂きました。
右側浸潤性乳管がん(硬がん)にて3月末に右胸全摘術、リンパ節郭清しました。
T2 N1 (センチネルリンパ節に転移一個のみ)
ER PgR 陽性(50%)
HER2 陰性
MiB-1(20%)
grade2
最終病理結果が出る前に5月から抗ガン剤TCスタートし4回を終えたところで主治医より、gradeが2であることMiB-1値が20%である事などからFEC4回追加したほうが良いと言われ
今月(上旬)日に1回目をしたのですが
吐き気の副作用が強くとても辛く中止出来るならと思っています。
私のタイプからFECは必要でしょうか?
また、TC4回終えてホルモン療法追加した場合の再発率が分かりましたら教えて頂きたいです。
どうぞよろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
正直な私の感想では、「そもそもTCが必要なのか?」ということです。
(すでに終了しているのだから、今更ですが)
私の患者さんだったら、luminalAとしてホルモン療法単独となります。
「主治医より、gradeが2であることMiB-1値が20%である事などからFEC4回追加したほうが良いと言われ」
⇒この主治医、大丈夫ですか??
 そもそもTCをすべきか?というレベルなのに「FECを追加???」
 しかも、その根拠が「grade2 とかMIB-1=20%」??
 全く根拠がない(そもそもMIB-1=20%はルミナールAだから抗がん剤はしなくて良い」という値です。それを「FECを追加する根拠とする」とは!
 完全に私の「理解の範囲を超えて」います。
「私のタイプからFECは必要でしょうか?」
⇒どう考えてもFECの追加など不要です。
「また、TC4回終えてホルモン療法追加した場合の再発率が分かりましたら教えて頂きたいです」
⇒すみません。
 NewAdjuvant. Comに接続できないので不明です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up