Site Overlay

術前化学療法

[管理番号:6509]
性別:女性
年齢:55歳
母はトリプルネガティブで検査当時しこりは2.7センチのステージⅡB、転移なしとのことでした。
母の癌は悪性で化学療法も効きにくい可能性が高いタイプらしく、現在アメリカへ遺伝子解析してもらっており、結果が遅くて今月末にわかるらしいです。
治療は遺伝子解析の結果が出てから始めるとのこと。
そうすれば効きやすい抗がん剤がわかるかもということらしいです。
そして治験をお願いされました。
私たちは全摘出を望んでいるので、手術を先にしていただきたくお願いをしたら担当医は出来ません、無理ですの一点張りで、それならば術前化学療法をするのであれば、遺伝子解析の結果が出る今月の間に何か抗がん剤などお願い出来ないかと聞いたところ、それも無理と言われました。
乳がんが発覚してから2ヶ月経過するのに治療の1つもしていただいてません。
抗がん剤が効きにくい可能性が高い母なので、家族としてはその間にも転移などしないためにも尚更、手術をしていただきたいと思っております。
何故、術前化学療法じゃなきゃダメなのか?の説明が癌が消滅したり小さくなる可能性があるからとのことでした。
それ以外の説明がなく、ならば患者が望んでるのであれば手術でもいいのではないかと思っております。
もし、1つの抗がん剤が効かなかった場合に手術ではなく、転移してなければ他の抗がん剤を試してみるなどされそうで正直怖いです。
その間にも、しこりは大きくなり転移してしまうかもしれないのに。
母のタイプだと治験ってこともあり、どんな抗がん剤が効くか試したいだけなんじゃないかと私たち家族は思っており、不安を抱いております。
母曰く、担当医の方に何を言っても無駄。
こちらの意見は取り入れてはくれないと。
私はそんな言葉を聞き、病院に行って担当医の方に改めて手術はできずに術前化学療法をすすめる理由などをちゃんと聞き、結果次第では先に手術をしていただけるように頼むべきだと思っているのですが、先ほど述べたように母は何を言っても無駄といって諦めております。
先生のご意見をお聞かせいただけたら幸いです。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
その医師について、私がコメントすることは差し控えます。
普通に手術先行し、術後の補助化学療法(アンスラサイクリン+タキサン)するだけです。
物事はシンプルに考えましょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up