Site Overlay

術後の検査結果

[管理番号:5733]
性別:女性
年齢:56歳
いつも拝見しております。
先生のあたたかい、お返事に感激し、勉強させていただいております。
よろしくお願いいたします。
私は、6月に右乳がんと診断され、7月上旬に部分切除をしました。
放射線治療も終了し、今は、フェマーラのみの内服になっています。
術後の検査の結果は、ypT1aNoMo Stage1a、ER(+)、Her2(-)、
Ki67:1%、断端陰性。
センチネル(-)、浸潤巣の大きさ:5×4mm
(invasive+DCIS: 5×4mm)とありました。
浸潤巣の大きさはどのようなことなのかが分かりませんので教えてください。
肥満は再発のリスクをあげるということ聞きましたので、一度には無理なのでゆっくりですが、体重管理にも気を付けています。
私の再発率はどれくらいですか?
仕事にも復帰していますが、気持ちが不安定になるのが気になります。
放射線治療の時から気分の落ち込みがあり、病気に負けず頑張ろうと思い、意気揚々としていたかと思えば、医療者の態度や一言にひどく気分が落ち込み、そこから上がってくるに時間がかかり、仕事が手につかないこともあります。
このままで大丈夫でしょうか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
完璧な超早期癌です。
これで悩むようなら、沢山の方々から「お叱り」を受ける事でしょう。
「浸潤巣の大きさはどのようなことなのかが分かりませんので教えてください。」
⇒5mmです。
「私の再発率はどれくらいですか?」
⇒この大きさで再発率など無意味でしょう。
 「超」低率ということです。

「仕事にも復帰していますが、気持ちが不安定になる」

⇒これは「ホルモン療法」の副作用かもしれません。
 超「低再発率」なのだから、休薬の相談をした方がいいでしょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up