乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:5640]
性別:女性
年齢:46歳
乳がんのホルモン治療について、質問です。
現在、46歳、閉経前です。
温存で手術をしました。
診断はルミナールAタイプ、ステージ1、大きさは9ミリで、リンパ転移なしです。
先生いわく、進行も遅いし、顔つきも悪いタイプではありませんとの事でした。
今後の治療として、放射線治療とホルモン治療をするのですが、ホルモン治療が投薬5年注射2年と言われました。
投薬だけでいいと思っていたので、ちょっとびっくりしています。
そこで質問なのですが、注射を同時にすることで、治療としてどんなプラス効果があるのでしょうか。
投薬と注射を同時にすると、副作用も重くなるのでしょうか?薬だけですむものならそうしてもらいたいと考えているのですが、どうしたらよいかと悩んでいます。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
いまだに「閉経前のホルモン療法=タモキシフェン+LH-RHagonist」としている医師がいますが…
SOFT試験結果からは「35歳未満」にしか効果がないのです。
46歳の質問者には全く不要です。
「そこで質問なのですが、注射を同時にすることで、治療としてどんなプラス効果があるのでしょうか。」
⇒上記試験結果から「全くない」と思います。
「投薬と注射を同時にすると、副作用も重くなるのでしょうか?」
⇒一般的にはそうです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。