Site Overlay

皮膚再発について

[管理番号:7193]
性別:女性
年齢:49歳
病名:
症状:

皮膚再発について教えて下さい。

3年前に非浸潤がん5cmと診断され乳頭乳輪温存皮下乳腺全摘・同時再建をしました。
その後無治療です。

・病理結果
1cmにスライスしたが全て非浸潤がん(DCISは充実性で大部分の周囲はリンパ節で囲まれている)
石灰沈着を伴うものがある
グレード2
ホルモン受容陰性

診断確定のためマンモトーム生検をしたのですが、その時の傷が赤くニキビのようになっています。
触ると皮膚表面近くに2ミリ弱のしこりになっています。

ケロイド体質で検査後ずっとあったため、気にしていなかったのですが、最近になり、皮膚再発ではないかと非常に不安になっています。

検診では「これは何かな」と先生が言われるのですが、検査の傷です。
と答えると「ふ~ん」とおっしゃって、特に細胞検査はしようと言われません。
ただ毎回聞かれてるように思います。

先生であれば再発を疑われますか?そしてもし再発だった場合、どのような治療になるのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「先生であれば再発を疑われますか?そしてもし再発だった場合、どのような治療になるのでしょうか?」
→普通に考えれば…

 ただの「生検の瘢痕」だと思います。
 ただ、「その部位の皮膚を切除」して顕微鏡で見ればわかることなので(局所麻酔で10分もかからない)、「無意味に悩むより」そうしてもらいましょう。

 ★万が一癌だとしても(違うとは思いますが)、大きめにその部分を切除するだけで治療は終わるでしょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up