乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6460]
性別:女性
年齢:53歳
進行性乳がんで、HER2陽性3+で、
ハーセプチン、パージェタ、ナベルビンの治療経過中に、HER2陰性に変わることはあるのでしょうか?
また、経過として陽性から陰性に変わるほうがいいのか、変わらないほうがいいのか…についても教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「ハーセプチン、パージェタ、ナベルビンの治療経過中に、HER2陰性に変わることはあるのでしょうか?」
⇒あります。
 理論的に考えれば…(実際はどうなのかは無論わかりませんが)
 抗HER2療法にて(HER2陽性の癌細胞が)「選択的に破壊」されて「HER
2陰性の癌細胞だけが生き残った」という解釈です。
「また、経過として陽性から陰性に変わるほうがいいのか、変わらないほうがいいのか…についても教えていただけると嬉しいです。」
⇒「いい」とか「悪い」という問題ではありません。
 その時々の状況に応じた治療を「粛々と」行いましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。