Site Overlay

化学療法中のホルモン治療について

[管理番号:1565] 性別:女性
年齢:60歳
母が乳がん治療中です。
ホルモン陽性の乳がんで術後すぐからレトロゾールを服用し、温存手術のため放射線治療をし、現在EC療法→ドセタキセルの化学療法中です。
最近インターネットで調べた所、放射線治療中、化学療法中はホルモン治療をしないという場合が多いようですが、母は術後からずっと継続しています。
放射線治療は特に大きなトラブルなく終えました。
ホルモン治療と化学療法を並行すると、化学療法の効果が衰えるため予後が不良になると書いてありましたが、そうなのでしょうか。
主治医は乳腺専門医ということで信用して今まで治療に臨んでいましたが、不安になっています。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
世の中には「誤った情報」で溢れています。
このQandAを見ても「ホルモン療法を化学療法や放射線療法時に併用しない」施設が多い事に驚かされます。
実際のところ「ホルモン療法の併用には全く問題ありません」
♯唯一データの出ているものは「タモキシフェンとアンスラサイクリンの併用が良く無い」というものです。(かなり昔のデータであり、眉唾物です。今時そんな研究はしていないので、これ以上のデータは今後も出てこないでしょう)

回答

「最近インターネットで調べた所、放射線治療中、化学療法中はホルモン治療をしな
いという場合が多い」
⇒冒頭でコメントしたとおり、「全く根拠が無い」話です。
 ホルモン療法は「併用しても問題無」と私は思います。
 
「ホルモン治療と化学療法を並行すると、化学療法の効果が衰えるため予後が不良に
なると書いてありました」
⇒全く根拠薄弱です。
 昔の「小数のデータ」による根拠薄弱なのです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up