Site Overlay

乳癌 ステージ

・実際のステージの割合い(2017) 2期までの早期がんが88%を占める。

stage 0       14.3%

stageⅠ      43.0%

stageⅡA    22.9%

stage ⅡB   7.9%

stage ⅢA   2.2%

stageⅢB    3.3%

stageⅢC    1.4%

stageⅣ      2.2%

 

・ステージ別予後

治療は日進月歩なので、あくまでも「過去のデータである」という見方が必要です。

2004登録患者さん

stage                          5年生存率  5年無再発生存率

stage 0                            97.58%             96.34%

stage Ⅰ               96.63%             92.17%

stage Ⅱ       90.93%             81.62%

stage Ⅲ       72.48%             58.42%

stage Ⅳ       42.65%

 

ただし、上記は(今の患者さんにとっては)15年以上前の患者さんのデータです。(2004登録患者)

「5年無再発生存について」

術後補助療法としてtrastuzumabもpertuzumabも使えない時代なので、特にHER2陽性患者さんの予後が著しく向上したので、それより格段に数値がいいでしょう。

「5年生存率について」

これは、「無再発生存」に加えて「再発治療の進化」も加わるので、「更に」向上していることは間違いありません。

分子標的薬の登場が一番大きいと思いますし、eribulinも2010発売だから現在は「これらの恩恵」による生存率の向上があります。

 

Scroll Up