Site Overlay

intrinsic subtype

遺伝子発現による分類

より本質的な分類を目指しPerouらが2000年に発表

 

20個の乳癌組織のdoxorubicin治療前後及び、2個の原発巣と転移リンパ節で

異なる腫瘍間でより変化する遺伝子を選択

496個のintrinsic gene setを作成

この496個のintrinsic gene setを用いて乳癌65症例をクラスター解析施行

以下に分類されることを提唱した。

 

ER+/luminal like: Estrogen receptor 1, GATA3他luminal系遺伝子発現

Basal like: 高分子ケラチン(5/6/17)が発現

HER2-enriched: ERBB2が発現

  • 2001 Luminal ⇒ luminal A/Bに分類

同じグループが、対象症例を85に増やして検討しluminalがA/Bに分類できる。

Scroll Up