乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



〇マンモとエコーの優位性

 エコーの方が(術者により精度は「雲泥」ですが)圧倒的に優れています。

 閉経前(特に若年者)では所謂「高濃度乳腺」となり、マンモでは殆ど検出できません。

 

〇何でもかんでも、「フルコース」しなくはいけないの?

 

 

 

 

そんなことはありません。

もしも、「検出力だけ」で考えたら 「造影MRIが最強」となります。(質的診断とはなりません。念のため)

お金に糸目をつけないセレブならば、「自費」で「造影MRI+US]で半年に1回検診すれば、最強ではあります。

ただ、それを全員に勧めることは(当然ながら)できないのです。

 

〇マンモとエコーのバランスは?

 

 

 

 

 最低限エコーさえすれば、殆ど「事足りる」のです。

 だから、妊娠授乳期に「マンモが撮れない、どうしよう!!」などと悩む必要は全くないのです。

 

 

 ★石灰化だけはエコーでは解らないので、(妊娠、授乳期以外なら)2~3年に1回はマンモも併用するといいでしょう。