乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳がんについて   [管理番号:6614] 
半年ほど前から左胸の乳房の一部が硬くなった感じのしこり、生理と関係ない痛みも続いたため先月クリニックでマンモとエコー、その後の針生検で先月末浸潤性乳管癌が確定し、専門の大病院へ紹介状をもらい週明けに診察して頂きました。

サブタイプなど数値はまだ結果待ちです。

現在PET MRI済み、次回CT+脇の細胞診を行い、それらの結果を踏まえた診察が二週間後なのですが、不安なのが2日ほど前から突然乳輪部分(しこりの上層)に1センチ弱程のボコッとしたしこりが出来、それがズキズキと痛いです。

全く触れなかったものがここ2日ほどで突然出てきたので、これはがんが皮膚に浸潤してきたのでしょうか?こんなに早くしこりができることはあるのでしょうか?
中から突き破ってきそうで怖くて寝返りも打てません。

皮膚表面には特に異常はありませんが、しこりのできた乳輪部分はぼこぼことなって乳首が少し陥没してしまった感じです。

これは直ぐにどうこうということはあるのでしょうか?大きな病院なので連絡してもすぐに見てもらえるか分かりません。

また、現在左乳房外側上下に渡り5センチ以上のしこり、脇にも石灰化が見られ腫れている?状態です。

主治医によるとリンパ転移の可能性があり手術の際は郭清が必要になるだろうということですが、CTなどの結果も出ていない段階でその見解ということはかなりひどい状態なのでしょうか?
私は全摘の手術先行を希望していますが主治医によると希望はなるべく聞くがこの状態だと術前化学療法も視野に入れるべきとのことでした。

サブタイプなどデータがない状態で難しいとは思いますが…先生なら今の段階で考えられる進行度や今後の治療方針などどうお考えになるでしょうか?
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールAとBとki67   [管理番号:6613] 
私は、今年の4月に右乳がん(浸潤癌性乳癌)温存手術をしました。

田澤先生のシンプルな回答をいただきたいと思ってます。

ホルモンは、ふたつとも陽性
HERは1+陰性
ki67は30%
浸潤径13×13.8 リンパ転移 なし
グレード 1
担当医師さんは、「ホルモン治療(タモキシフェン、ゾラデックス)放射線治療」と言われました。

質問 ki67の30%は、ルミナールAになるのか?
ki67 30%だと抗がん剤治療はするべきか?
抗がん剤治療とホルモン治療、再発率に大きな差が出るのか?

大変お忙しいなか恐縮ですがよろしくお願いします。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

MLLで、外科的生検   [管理番号:6612] 
去年末に健康診断で、右乳房に石灰の集ぞくがみつかり精密検査要となり今年1月に、大きな病院で精密検査することになりました。
超音波で嚢胞がたくさんありました、粘液のありそうな嚢胞もあちこちいくつかあるようです。
その中の一部乳房上辺りに粘液のある嚢胞が、連なってる部分を穿刺吸引をし、判定不能。

超音波のマンモトームでも分からず境界病変で、良性悪性分からずで、
今週外科的生検することに、なりました。
粘液嚢腫が、他の場所にもあるようですが、胸の上辺りのいくつか連なってる一連を、検査しました。
外科的生検も、その辺りをするそうです。
石灰の集ぞくがあるのですが、ステレオ下マンモトームでなくても大丈夫なんでしょうか?
嚢胞があるから、ステレオ下で無くエコー下だと主治医は、おっしゃっていましたが、エコー下マンモトームで、良いのでしょうか?石灰の集ぞくの場所と、粘液嚢腫様病変がある場所は、近いそうですが、同じかどうかは、わかりません。
石灰の集ぞくあたりめがけて、ステレオ下マンモトームの検査は、しなくて大丈夫なんでしょうか?
エコー下マンモトームしか、していません。
このような状況で、今月、外科的生検する予定です。
外科的生検したら、マンモトームできなくねりますよね?
外科的生検の前に、石灰の集ぞくを、めがけて、ステレオ下マンモトームをしてもらうべきでしょうか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

癌の可能性。マンモトーム検査。   [管理番号:6611] 
幾つか質問をさせていただきたいのですが…
毎日何人もの患者さんを診ていらっしゃる先生に癌の可能性が高いと言われると言う事は、良性の可能性はほぼ無いと考えた方が良いのでしょうか?
15年前に子宮頸癌検査でクラスが上り、組織診をしました。
結果は異形成でした。
自分は異形成になり易いタイプなのでは?と勝手に思ったりしてしまいますが、そう言う体質の人は実際いたりするのでしょうか?
先生からは、マンモトーム検査をする際に、コルクを入れると言われています。
のちに手術をする時に癌組織が何処にあったかハッキリさせるためにとの事ですが、田澤先生は、一度も使われた事が無いとお読みしました。
今診ていただいている先生は、手術はしない先生で、手術をする場合は、紹介していただく形になるのですが、その時に執刀される先生が場所を良く把握できるようにコルクを入れる必要があるのでしょうか?
また、万が一良性だった場合、手術の必要性は無くなると思うのですが、その場合、そのコルクは入れっぱなしになるのでしょうか?
最後に、左右リンパ節の厚さが違うと言う事は、左側のリンパ節転移の可能性が高い事になるのでしょうか?腫瘍が2センチ以下なので、リンパ節に転移が無ければ早期癌になる可能性があると思うと、たとえ癌の結果が出たとしても少しは安心できますが、リンパ転移となるととても怖いです。

今月末までには組織診の結果が出て、全てが明らかになるので、それまでじっと待とうと言う思いもありましたが、まだ小学生の子供がいるので心配で…。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

シコリの検査について   [管理番号:6610] 
担当医は触診と人間ドックの画像見て、こちらでも再度乳腺エコーをし、生検をすると言われました。

乳腺エコーをしたのは技師さんで、生検をしたのは若い医師?の方でした。

結果は担当医から聞きました。

「針を刺した部分からは悪いものは見つかりませんでした。クラスⅢです。
しかし針の刺さってない部分にガンがあるかもしれません。

乳腺エコーの画像から非浸潤ガンを疑います。

9年前と全く同じ場所ですし。

乳管異形化形成もあると思われます。」
と言われました。

私は聞き返しました。

「針の刺さってない部分にガンがあるかもしれないのなら、さらに詳しい検査をしてハッキリさせて下さい。」とお願いしました。

担当医は
「さらに詳しい検査である外科的生検をすれば、乳房に傷痕も残るし、そこまでする必要はない。
仮に非浸潤ガンだとしても、今すぐ体に影響を与えるものではない。
今まで通り年に一度のの会社の人間ドックで経過観察して下さい。
そこで何かあれば、また生検するなりその時に考えましょう。」
と言われました。

非浸潤乳がんの可能性と、もし非浸潤がんではないにしても、私の左乳の状態や経歴から将来ガンになる可能性は高いと最後に担当医に言われたので、不安がると、
「交通事故に遭う確率よりは低い」とよく分からないコメントで締めくくられました。

担当医の曖昧な回答に不安でたまりません。

田澤先生はどう思われますでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。