乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

ステージと治療方針について   [管理番号:6453] 
現時点で分かっていることは、

・全身への転移はない
・脇のリンパ転移は8個以上(おおきなものでは1.5cm)ありそう
・脇のリンパ転移に加え、脇の下ではない腕のリンパ節に転移がある
・腫瘍は2.1×2.8のサイズで乳頭の下辺りに存在
・分裂の早い顔つきの悪いタイプでホルモンは効かない

現在まだ分からないこと
・ki値
・サブタイプ(HER2かトリプルネガティヴのどちらか)
・HER2の陰性、陽性

※脇のリンパ転移の先にある医師が珍しい初めてみた。
と言っている腕のリンパ節転移はペット検査で真っ赤でサイズは1.5から2.0cmでした。

ここからが質問なのですが、わたしのステージは幾つなのでしょうか?
2bから3cだけど、3cかなぁ?と言っており非常に不安でいっぱいです。

術前の抗がん剤治療を半年ほど経てから全摘で右胸とリンパを取る事を現時点では言われております。

まだ、サブタイプが出ておらず、もしトリプルネガティヴな場合抗がん剤が効かない場合も考えると、際に手術をした方がいいのかと考えたりもしております。
化学療法をやっている間に広がったら怖いからです。

また、パクリタキセルを毎週やるとトリプルネガティヴには効果がある場合もあるようなお話も友人から聞いたので、それについてもどうなのかご意見を伺いたいです。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

胸の痛みの理由について。   [管理番号:6507] 
私は数ヶ月後に受験を控えており、おそらくストレスがたまって、細かいことが色々気になってしまっています。
その中で、普段から胸のいろんなところに一瞬痛みを感じることがあり、しこりは特にわからなかったのですが、気になって先週病院に行ました。
外科で検査をしてもらいました。
神経質になりすぎてるかもとは思ったのですが、これで不安が解消できるのならと思い、行った次第です。
結果は一部水がたまっているところがあるが、それはのう胞で、よくあることだと言われました。

ちなみに、検査内容は触診とエコーで、触診では問題ないと言われました。
エコーでのう胞が見つかりましたが、部位は特に指摘されなかったと思います。
ただ、右の胸の上あたりの同じところを何度もエコーで見ていたのでそこかなと思います。

しかし、その日はホッとして帰ったのですが、やはり未だに胸の痛みに敏感になってしまう部分もあり、気になっています。

そこで相談なのですが、
たまに布団で寝ている際、突っ伏して胸を圧迫する状態になると右の胸だけ痛むことがあります。
左は何も感じないのですが、考えられる要因としてはなんでしょう?のう胞でしょうか?生理前やホルモンバランスとかでしょうか?
<女性:22歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

胸骨近くのしこり   [管理番号:6469] 
5月中旬 右胸しこりみつけ乳腺外科受診
細胞診クラス5の悪性 しこりは三つ有り おそらく同じ乳管内とのこと
組織診 粘液がん ホルモン受容陽性
HER2陰性 Ki67 11%
ルミナルA
現時点電話で先生から教えて頂きました。

しこりが胸骨の近くにあるため内胸リンパ節転移が心配です。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

教えてください   [管理番号:6506] 
主治医の方針は、
抗がん剤(アンスラサイクリン+タキサン)→放射線→ホルモン

・浸潤がん
・大きさ 2.8×2.6cm
・リンパ節転移 2/13 (lvⅠ 2/12、lvⅡ 0/1)
・核グレード2
・エストロゲン受容体+ 8/8
・プロゲステロン受容体+ 7/8
・HER2 ほぼ陰性(2+)FISH 増幅なし
・Ki-67 47%(術前です。
術後は検査していません)

主治医からはホルモン療法のみの場合と抗がん剤を併用した際の再発率の差について明確な説明をもらっていません。

自分としては差の程度によってはホルモン療法のみの選択を希望しているのですが、主治医の選択肢には入っていないようです。

オンコタイプdxについては年齢が若く、閉経前でリンパ節転移もあるためやる必要がないとのことでした。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。