乳がん|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳頭ただれ   [管理番号:6104] 
現在8ヶ月になる娘に授乳中です。

まだ歯は生えておらず乳首も噛まれたりていませんが、左側の乳頭がただれていることに気がつきました。

血などはでていませんが、少し赤くなっており皮がめくれかかっている部分があり、ヒリヒリとしたかゆみも時々ある状態です。

右側の乳頭には異常は見当たりません。

以前は右側の乳頭も少しただれていたような記憶があります。

(もしかしたら左側の乳頭だったかも知れません。曖昧で申し訳ありません)

インターネットで調べてみると、乳頭のただれはパジェット病の可能性がある。
と書かれており不安になっています。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

8センチの線維腺腫について   [管理番号:6147] 
現在8センチの線維腺腫があります。
41歳の時第一子を出産し、その時線維腺腫は4センチでした。
その後毎年一回大学病院で経過観察していただき、針生検も二度して良性と言われております。
3年程前から診療所での診察となり、今年の検査の折手術してとりましょうと言われました。
手術する事について、田澤先生のセカンドオピニオンを受けさせていただきたいのですが、可能でしょうか?
<女性:67歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

先日の検査結果の内容について質問です   [管理番号:6146] 
エコーガイドによるマンモトーム生検を受け、先日結果もいただきました。

結果的には現状問題なく、年に一度の定期健診でいいと確認させていただき、すっきりしております。
ありがとうございました。

ただ、病理組織検査の所見についてひとつ疑問がわきましたので、
質問させていただきます。

乳がんプラザでは、〔針生検でADHとの診断が出た場合には、乳腺の部分切除を推奨〕とあります。

いただいた所見には「FEAの一部にADHが見られる」とあるのですが、
なぜ私の場合は切除の必要性がないのでしょうか?

「この検体では、ただちに悪性との鑑別を要するまでの異型的病変ではないと考えます」とは併記されておりました。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

両側乳がん・浸潤性小葉がん   [管理番号:6145] 
以下の点、教えて頂きたく宜しくお願いいたします。

1) 今回、原発性ではあるものの、2回目の乳がんになります。
また全摘(左胸)を予定していますが、今後の再発・転移対策として検査はどの程度(検査内容・頻度)実施したらよいのでしょうか?
また食生活も含めてどのような対策をしたらよいのでしょうか?

2) 今回、本来はおとなしいはずの小葉癌にもかかわらず、私の場合は核グレード3、及びHER2陽性となります。
全摘を予定していますが、ハーセプチン(+抗がんがん剤)、及びホルモン剤(5年?)が必要になるかと思います。

仕事をしながらの治療を予定しているので、抗がん剤の副作用がなるべく小さい方法での治療ができないか、考えています。
どのような治療が最適でしょうか?(勿論、治療効果がないような治療はする必要はないことは承知しておりますが)

3) 抗がん剤は体へのダメージが大きいと認識しています。
それでもメリットのほうがでデメリットを上回ると理解して進めるべきなのでしょうか?
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

小葉がんについて   [管理番号:6144] 
質問事項
①妻の小葉がんがどの程度の状態なのか良く分からりません。
手術前検査は終了しているのでしょうか。
情報が足りないかもしれませんが、先生のお考え(見立て)をお聞きしたいです。
ステージ、リンパ節転移の有無、ルミナルタイプ(Aではないのでしょうか?)など。
特にリンパ節転移が気になっています。
現段階では分からないのでしょうか。

②小葉がんの場合、乳がんの10%の割合で非常に珍しいために予後が悪いとの話も聞きますがいかがでしょうか。
先生のQ&Aではそんなことはなく、低頻度で腹腔内再発の可能性があるとの先生の回答でしたが、腹腔内再発を防ぐ治療や検査はあるのでしょうか。

③今後、東京の某A病院で受診手術予定ですが、一般的な今後の治療の流れをお聞きしたいです。
あと、ルミナルBなので抗がん剤治療は必要になりますか。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。