乳がん|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

治験について   [管理番号:6141] 
1月(中旬)日 乳房全摘とリンパ節郭清4個の手術を受けました。

病理診断は、浸潤癌 癌の大きさ0.1cm以下 広がりは3.0cm
ER25% pgR5% HER2陰性 Ki67評価困難 でした。

主治医からは、どう話すか迷ったけど一応喜んでいいのでは?という説明でした。
現在は25回の放射線治療を受けています。

そこで、主治医より治験参加の提案をされました。
再発予防にホルモン剤(ノルバデックス)と治験薬(アベマシクリブ)の併用して2年間服用するものです。
副作用を考えると心配です。
主治医はリスクを考慮しても参加した方が良いと言います。
そこで田澤先生に質問です。

術後の病理診断をどう捉えればいいのか?
治験参加をどう思われますか?
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

増えた腫瘤   [管理番号:6140] 
先日受診すると、マンモでは右でなく左が白くなっているところがあるが心配するものではない、
そしてエコーでは三ミリの腫瘤のほうは確認できず、しかし 右下と左側外側にともに6ミリほどの腫瘤がある(触診では確認できず)。
半年後に大きくなっているようなら針生検をすると言われました。

質問させていただきたいのは
今回確認されなかった三ミリの腫瘤は、消えたということなのでしょうか
半年弱で6ミリの腫瘤が2つできたということは異常なことではないのか
半年も放っておいてもよいものでしょうか
針生検をするとしたら、一度に数か所できるものでしょうか
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

骨の変形のようなものを感じ転移が心配で眠れません   [管理番号:6139] 
3月(上旬)日乳癌の宣告を受けました。
左胸に2cmの大きさ。

それ以外の情報は知らされていません。

今回下記の理由で骨転移を大変心配しています。

同様の心配の問い合わせを何度も全く心配なしの回答をされていることも
承知の上で大変申し訳ございませんがご回答をお願いしたいと思います。

昨年夏ころより左足ひざ下の痺れ痛み、左腕外側(肘から手の甲)の痺れがあり、8月に整形で見てもらい。
首と腰のレントゲン撮影しましたが異常なし。

脊柱管狭窄症かと考えておりました。
同じ時期から時々背骨や腰に痛みがあり、今回の乳癌宣告に骨転移ではないかと心配している中、背骨などを押したり触ったりを繰り返している中、首から下2つめの骨の横に今までなかった横へのでっぱり変形を感じました。
(主人は気のせいではと申しておりますがしておりますが)
脇付近の痛みも今考えればここ数年のうちに何回か繰り返しており
リンパ節転移からの骨転移の症状ではないかと夜も眠れません。

骨転移となれば手術はやはり不可能で抗がん剤をうちながら死を待つような感じになるのでしょうか。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳がん   [管理番号:5890] 
質問①主治医の先生は、大きめ(全体で3センチぐらい)に切ってしっかり取った自信はあるようにおっしゃいますが、本当に追加切除は必要ないのでしょうか?プリントアウトしてもらった病理診断結果には記載がないですが、口頭では断端陰性の説明は受けています。

質問②プリントアウトしてもらった病理診断結果には、高度の腫瘍辺縁部脈管侵襲(-)と記載されていますが、どんなに早期であっても浸潤癌の場合はセンチネルリンパ生検をするとネットでは書いてあるし、こちらでの田澤先生のご説明にも度々出てくるので、本当にしなくて良かったのかが不安です。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発転移の治療法   [管理番号:5648] 
医師は骨盤はたぶん17年前に既に飛んでいたと思われる。
それをホルモン剤で止めていたのではないか。
やめたから出てきたものだと考えられる。

まだ症状はないし、ホルモン剤が効果が大きかったから、ホルモン剤(血液検査の結果、閉経になっているとこのとで、注射なしでアロマシン)を飲んで効くかどうか試すとのことでした。

あと、骨を丈夫にする注射を月に一回する。

抗がん剤とかは、使っても効かなくなってくるから、最後にとっておいた方が延命できる。

痛くて仕方ないとか、症状がでてきから使うのが良い。

時間があるから、副作用が少ないものから試していく。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。