乳がん|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

急性の乳腺炎?細胞診はクラス3a   [管理番号:6134] 
左胸の内側、乳輪の横に大きな岩のようにカチカチの塊ができました。

その部分のみですが赤くなり熱をもっていて。
とても痛かったので、2月中旬にマンモグラフィーとエコーをしてもらった乳腺外来へ。

たぶん、急性の乳腺炎だと思うんだけど、
確実な診断をするためにということで細胞診をしました。

抗生物質と痛み止めをもらい、5日間飲んで、少しは痛みや張りはましになりましたが、まだ痛かったので、今日病院へ行って来ました。

そしたら、たまたま細胞診の結果がでいまして、3aとの結果。
先生は、ただの炎症と結果が出ると思っていたのでびっくりしてると言ってました。

これからも、じっくり観察していかないとね。
とのことでしたが、まだ痛むと伝えると、エコーをしてくれ、何が原因で乳腺炎になったのか調べるとのこで、生検しました。

針を刺すと、膿が大量に出てきたみたいで、それを頑張って出してくれてました。

全部は出しきれてないので、まだ塊はあります。

きっとダイジョブだよと何も検査せずに言われるのより、ここまで検査してくれてありがたいのですが、先生は帰り際にも、エコーとかでみる限り、僕はダイジョブなものだと思うと言ってるのですが、クラス3がとても気になってしまって。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

手術が延期のステージ1です   [管理番号:5899] 
① 5か月無治療ということになります。
せっかく6-7mmで見つかっているのに・・・進行したらどうしよう、と不安です。
同じような
状況の場合、田澤先生ならどのように考えられますか。

② 超音波他でリンパの異常は認められていません。
しかし30%の割合で術中リンパ節転移が認められると担当医からきいています。

先生の過去のお答えには「画像で異常が見つからない場合リンパ節転移はほとんど見られない」とありましたが
30%は予想外に大きい数字です。
先生のご意見をきかせていただけますか。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳中の複数のしこりと乳腺や血管   [管理番号:6133] 
第1子とは12歳離れていますが、エコー触診の検査は毎年受けてきました。
6月出産後、母乳は直接はあげず、搾乳したものをあげてきました。
胃逆流症がこどもにあった為、それ用のミルクを飲むことになり、今年の1月からは搾乳した母乳は捨ててきました。
最初から右胸の方が2倍くらいの大きさになり、出る量も右胸が倍以上でした。
ここ最近は朝一度しか搾乳せず、50くらいになりました。

胸に関して、とても不安で心配なところがあり、今までも 触診で気になると次の日にはエコー検査してもらうようにしてきました。
6月に出産し、早速 胸のボコボコした血管や乳腺?かなんだか分かりませんが とにかく胸の中にミミズがいるかのような紐が入っているかのような胸になり心配で8月に外科で触診、10月に乳がん検診のエコーと触診、3月頭に触診とエコーをしてもらいました。
右胸の乳輪の上側、左胸よりに、時々 ぽこっと浮き出てくるようなしこりというかビーズのようなものがあり、気がつくと、なくなっていたり、また気がつくとあったりするので心配で仕方ないです。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の病理診断と抗がん剤治療について   [管理番号:6132] 
下記が結果になります。

乳管癌(硬癌)
切断断端    陰性
腫瘍の大きさ  1.3×1.2
リンパ節転移の個数 2/13 (生検の2個のみ)
核異型度  2
ER  陽性 79.5%
PgR  陽性 80%
HER2 陰性 +1
ki-67 36%

上記の説明がありました。

リンパ節に転移していたことにショックを受け、
温存したことを後悔したり、情緒不安定になりながらも
軽度の認知の母と、小学生に娘の2人を置いての入院も大変で。

仕事も早急に復帰して、大黒柱の役目をしなくてはなりません。

その上、今後の治療が抗がん剤と言われ、これからの生活が不安でたまりません。

命ももちろんですが、副作用等も怖くてたまりません。

今後、どのように治療を進めていくべきか、あまり説明されない主治医は抗がん剤するかどうかは自分で決めるようにと言われました。

出来れば、抗がん剤をしない方向でとは思いますが、娘の事を考えると
生きたいと思ったり、温存した乳房の再発が怖かったりと、日々考えてます。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳房温存手術をしたが、病理検査でがん細胞が残っており、全摘するよう勧められた   [管理番号:5543] 
手術では、乳房の1/4(60mm×32mm×12mm)を切除し、センチネルリンパ節生検では、リンパへの転移は有りませんでした。

しかし、切除したがん細胞を病理検査したところ、2/3以上のがん細胞は委縮、消失したが、がん細胞が薄く、広く残っていました。

温存した乳房内の消えた部分にも、がん細胞が残っている可能性が高い為、再手術で全摘するか、化学療法をするかを選択するよう言われました。
全摘のショックや化学療法や再発への不安で、どうして良いのか分からず、悩んでおります。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の抗癌剤治療は必要か?   [管理番号:6131] 
平成24年51歳のとき右乳癌 リンパ節転移なし ルミナB
右乳房全摘術その後TC療法4回、ホルモン療法5年

平成29年右腕の違和感と右腋下にシコリありで検査
右腋下リンパ節局所再発 レベル1には、4つの大きく腫れたリンパ節がエコーにて確認 トリプルネガテブ
術前化学療法ddAC4回 終了 この時点でエコー下での寛解、その後ウイークリーパクリタキセル12回予定でしたが4回で白血球数値がわるいのが度々続き手術に切り替える。
1ヶ月後腋下リンパ節レベル1、レベル2の郭清 取ったリンパからがん細胞は、認められず その後の治療方針で、初発の癌がホルモン陽性だったことから、
アロマシンの内服と放射線治療を提案されました。
しかし、中断したパクリタキセル残り8回をどうするのかをまよっています。
念のためアロマシン内服するのなら、念のため残りのパクリタキセルを
やったほうがいいのか副作用のことなどを考えるとどうすればいいのかと結論が出せずにいます。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

HER2初期全摘後の治療   [管理番号:6130] 
一カ月前に、右胸を全摘手術をして
病理検査が、でました。

しこりは、8ミリ ステージ1
サビタイトルは、HER2陽性 グレード3
ホルモン受容体陰性
リンパ節転移なし
浸潤1ミリ

再発予防で、ハーセプチン一年とパクリタキセルを12回をやる予定です。

主治医の先生は、抗がん剤は、どちらでも良いし、
ハーセプチンも半年でも良いよと言って下さいました。

私も出来れば抗がん剤は、やりたくないですが、
サブタイトルが、HER2なので、心配で、
少しでも、再発率が、低いなら、抗がん剤を頑張りたいと思います。

抗がん剤は、やらない方が、いいでしょうか?
ハーセプチンは、半年でもいいものでしょうか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。