乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

葉状腫瘍について   [管理番号:6015] 
昨年10月に葉状腫瘍で手術をしました。

成長が速かったので手術予定日を3週間前倒しで手術になりました。

5センチだった腫瘍が3週間で7.5センチになっていたため前倒しになりました。

検針検査では良性でしたが、腫瘍の病理検査の結果境界型が出ていました。

それから痛みが続いていて、最初は術後の痛みで痛み止めをもらい飲んでいましたが、なかなか効かずにいました。

最近診察を受けると乳腺症と言われましたが、私の場合再発のリスクが高くなるのでホルモン治療はできないと言われ、痛みを我慢するだけの毎日です。
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

サブタイプの混合   [管理番号:6040] 
【ご質問】
①術前では、ホルモン低値ではあります
が、ルミナールと言われてました。
(ki高よりルミBと思ってました)
しかし、術後の病理結果にて、トリプルネガディブと言われております。

理由として、
「組織診をした部分的に、ERプラスの部分があり、術後の病理部分では、マイナスだった。
混在している。」と説明がありました。

よって、トリプルネガディブの抗がん剤と、ホルモン治療もするべきと。

このように、サブタイプが混在する事はあるのでしょうか?
(乳ガンプラザの質問をほぼ全て読みましたが、当てはまる質問がありませんでした。)

②田澤先生も、抗がん剤と、ホルモン治療が必要と思われますでしょうか?

③抗がん剤は、AC4回と言われてますが、先生のトリネガ標準と仰る、ウイークリーPTXを追加すべきではないでしょうか?

④6ヶ月の抗がん剤を先行すると、温存後の放射線が術後より7ヶ月以上となりますが、遅くなりすぎではないでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後 11年目の局所再発について   [管理番号:4989] 
11年前、45歳の5月に左乳癌 2.1mm大きさ2つ ステージ2a リンパ転移なしで温存手術をし、術後に抗がん剤治療(何クールかは忘れてしまいましたが当時で標準~最高だと思います)と放射線治療(こちらも標準回数だと思います)を受けました。

ホルモンマイナスでホルモン治療しておりません。

昨年の5月で術後10年になり、全身検査を受けました。

そこで手術をした左乳房にMRIの結果(マンモグラフィーとレントゲンでは異常なし)前回とは反対側に線維腺腫と思われる物がある 良性かどうかのかどうかの判断つかず という結果が出ました。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

リンパ転移と遠隔転移   [管理番号:6039] 
1、初期治療の段階で遠隔転移はないと拝読しました。
私も癌と診断されたさいに、何も知らぬまま全身検査をし、遠隔転移はありませんでした。
リンパ転移は2(3ミリ、5ミリ)こありました。

なぜ、同じ転移なのにリンパ転移は初期治療の段階でも存在し、遠隔転移はないのでしょうか?
単に乳房からの距離の問題ですか?

2、私はリンパ転移2個ありましたが、みつかる時期が3年前より遅くなれば、リンパへの転移数も必ず増えていたのでしょうか?
2個のまま、大きさも転移数もかわらない可能性もあるのでしょうか?

3、血管に侵入した癌細胞は必ず臓器などにうつり、増大するのでしょうか?
免疫力などにより死滅することはないのでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。