乳がん|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

シコリの検査について   [管理番号:6610] 
担当医は触診と人間ドックの画像見て、こちらでも再度乳腺エコーをし、生検をすると言われました。

乳腺エコーをしたのは技師さんで、生検をしたのは若い医師?の方でした。

結果は担当医から聞きました。

「針を刺した部分からは悪いものは見つかりませんでした。クラスⅢです。
しかし針の刺さってない部分にガンがあるかもしれません。

乳腺エコーの画像から非浸潤ガンを疑います。

9年前と全く同じ場所ですし。

乳管異形化形成もあると思われます。」
と言われました。

私は聞き返しました。

「針の刺さってない部分にガンがあるかもしれないのなら、さらに詳しい検査をしてハッキリさせて下さい。」とお願いしました。

担当医は
「さらに詳しい検査である外科的生検をすれば、乳房に傷痕も残るし、そこまでする必要はない。
仮に非浸潤ガンだとしても、今すぐ体に影響を与えるものではない。
今まで通り年に一度のの会社の人間ドックで経過観察して下さい。
そこで何かあれば、また生検するなりその時に考えましょう。」
と言われました。

非浸潤乳がんの可能性と、もし非浸潤がんではないにしても、私の左乳の状態や経歴から将来ガンになる可能性は高いと最後に担当医に言われたので、不安がると、
「交通事故に遭う確率よりは低い」とよく分からないコメントで締めくくられました。

担当医の曖昧な回答に不安でたまりません。

田澤先生はどう思われますでしょうか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。